目次

 オフィスデザインの主な目的は、従業員が働きやすい環境を作ることと、顧客や取引先に企業の魅力や理念を伝えることです。

オフィスの内装をおしゃれにすることで、従業員の生産性やモチベーションが向上し、将来的なリクルーティング効果が高まります。また、デザインによって企業のブランド力も向上するため、従業員と企業の双方にとって多くのメリットがあります。

今回は、「オフィスの内装をおしゃれにする3つのメリット」というテーマで解説します。

1.近年のオフィスの内装デザインの傾向

 多くの企業がオフィスの内装デザインに注力する傾向にあります。

その理由は、デザイン性と機能性を兼ね備えたオフィスが、従業員のモチベーションや仕事の質、そして会社全体の雰囲気に大きな影響を与えるからです。

以前のオフィスはシステマチックなデザインが主流で、システム天井を備え、オフィス家具を整然と配置していました。しかし、今日では「ワクワクするデザイン」を求める企業が増え、魅力的な空間を求める声が高まっています。

コロナ禍で在宅勤務を取り入れていた企業も、現在では週5日の出社に戻したり、出社と在宅勤務を半々にする動きが見られます。働き方を変革するタイミングにおいて企業にとって重要なのは、「出社したくなるオフィス」という快適性や安全性と、「オフィスワークスタッフとリモートワークスタッフがシームレスにコミュニケーションをとれるようなオフィス」という機能性と生産性に優れた空間の構築です。

従来のフリーアドレス制や、カフェやホテルのようなリラックスできる「休憩スペース」も、より多目的な運用や従業員の働き方に合わせた環境提供が大切になります。このようなワークスペースは従業員のモチベーション向上につながり、退職率の低下という経営課題にも貢献することが期待できます。

近年のオフィス内装デザインの傾向として、以下のポイントが挙げられます。

オープンスペース

オープンプランのオフィスは、コミュニケーションの活性化やコラボレーションを促進します。パーティションを減らし、共有スペースを増やすことで、従業員同士の交流が自然と増えます。

フレキシブルワークスペース

フレキシブルなワークスペースは、多様な働き方に対応できる環境を提供します。固定のデスクを持たない「ホットデスキング」や、プロジェクトごとにレイアウトを変更できる可動式の家具を採用する企業が増えています。

バイオフィリックデザイン

自然との調和を意識したバイオフィリックデザインが注目されています。植物や自然素材を取り入れることで、リラックス効果やストレス軽減効果が期待でき、従業員のウェルビーイングを向上させます。

サステナビリティ

環境に配慮したデザインが重要視されています。エネルギー効率の高い設備や再生可能な素材の使用、廃棄物の削減など、エコフレンドリーな取り組みが求められています。

テクノロジーの統合

最新のテクノロジーを統合したスマートオフィスが増えています。IoTデバイスやスマートデバイスを活用することで、効率的な業務遂行や快適な職場環境の提供が可能になります。

ウェルビーイング重視

従業員の健康と快適さを重視したデザインが増えています。自然光を多く取り入れたり、エルゴノミクスに配慮した家具を使用したり、休憩スペースやリラクゼーションスペースを設けることで、従業員のストレスを軽減し、生産性を向上させます。

    これらのトレンドを取り入れることで、現代のオフィスはより働きやすく、魅力的な空間へと進化しています。

    2.オフィス作りに選ばれるパーティションとは

     オシャレなオフィスは、単なる装飾的な意味合いだけでなく、従業員や企業にとってさまざまなメリットがあります。従業員や顧客に対するポジティブな印象を作り出し、企業のブランドや生産性、そして将来的な成長に寄与します。以下では、オフィスの内装をオシャレにする3つのメリットについて解説します。

    従業員の生産性とモチベーションの向上

    オシャレなオフィス環境は、従業員のやる気と集中力を高める効果があります。

    • 快適な環境: 視覚的に魅力的なデザインや快適な家具が、働きやすい環境を提供します。
    • 創造性の刺激: 色彩やインテリアの工夫が、従業員の創造性を刺激し、新しいアイデアや革新的な思考を促進します。
    • ストレスの軽減: 美しいデザインや自然光を取り入れた空間は、ストレスを軽減し、心身の健康をサポートします。

    企業イメージとブランド力の向上

    オフィスの内装は、企業のブランドイメージや企業文化を反映します。オシャレなデザインは、以下のような効果をもたらします。

    • 第一印象の強化: 訪問者や顧客に対して、プロフェッショナルで洗練された印象を与えます。
    • ブランドの一貫性: 企業のロゴやカラーを取り入れたデザインが、ブランドの一貫性を保ち、信頼感を醸成します。
    • 企業文化の表現: デザインを通じて企業の価値観や理念を伝えることで、企業文化を強調し、社内外の理解と共感を深めます。

    リクルーティング効果の向上

    魅力的なオフィス環境は、優秀な人材を引きつけ、定着率を高める効果があります。

    • 採用競争力の強化: オシャレで快適なオフィスは、求職者に対して魅力的に映り、採用活動において他社との差別化要素となります。
    • 従業員の定着率向上: 働きやすい環境は、従業員の満足度を高め、離職率の低下につながります。
    • 職場の誇りと忠誠心: 美しくデザインされたオフィスは、従業員に対して職場に対する誇りを持たせ、企業への忠誠心を育てます。

    これらのメリットを考慮することで、オフィスの内装デザインに投資することが、企業の成功と成長に大きく貢献することが理解できます。

    3.ありがちなオフィスの内装デザインの失敗例

     オフィスの内装デザインには多くのメリットがありますが、計画を誤ると以下のような失敗例が生じることがあります。

    機能性を無視したデザイン

    おしゃれさを追求するあまり、機能性が損なわれる場合があります。

    • 不便な動線: デザイン重視でレイアウトを決めた結果、動線が悪くなり、従業員が移動しづらくなる。
    • 収納スペースの不足: 美観を優先するあまり、収納スペースが不足し、デスクやオフィスが散らかりやすくなる。

    プライバシーの欠如

    オープンなデザインを採用した結果、従業員のプライバシーが確保されない場合があります。

    • 騒音問題: オープンスペースでは、周囲の音が気になり、集中しづらくなることがあります。特に会議や電話の音が問題になることが多いです。
    • 視覚的な干渉: ガラスパーティションやオープンデスクは、視覚的な干渉が多く、従業員の集中力を削ぐ原因となることがあります。

    人間工学を無視した家具選び

    見た目を重視して人間工学に基づかない家具を選ぶと、従業員の健康に悪影響を及ぼすことがあります。

    • 不適切な椅子: 見た目が良くても、座り心地が悪く、長時間座ると腰痛や肩こりを引き起こすことがあります。
    • 非調整可能なデスク: 高さ調整ができないデスクは、個々の従業員に合わないため、姿勢の悪さや健康問題を引き起こす可能性があります。

    一貫性のないデザイン

    複数のデザイン要素を取り入れすぎると、統一感がなく、雑然とした印象を与えることがあります。

    • カラーコーディネーションの失敗: 複数のカラーやスタイルを混ぜすぎると、まとまりのない空間になることがあります。
    • 過剰な装飾: 過剰な装飾やディスプレイが空間を圧迫し、かえって居心地の悪さを感じさせることがあります。

    未来の変化を考慮しないデザイン

    企業の成長や働き方の変化に対応できないデザインは、将来的に問題となります。

    • 固定されたレイアウト: 柔軟性のないレイアウトは、将来的な拡張やレイアウト変更に対応できず、コストがかかることがあります。
    • テクノロジーの不備: 将来的なテクノロジーの導入を考慮せず、インフラが不足している場合、新たな設備導入が難しくなることがあります。

    コスト削減が優先されたデザイン

    コスト削減を優先するあまり、質の低い材料や家具を選ぶと、長期的にはコストが増加することがあります。

    • 低品質の家具や材料: 安価な家具や材料を選ぶと、短期間で劣化し、修理や交換の頻度が増えることになります。
    • エネルギー効率の悪さ: コスト削減のために省エネ対策を怠ると、ランニングコストが増加し、長期的な経費削減が困難になります。

    これらの失敗を避けるためには、デザインと機能性のバランスを考慮し、従業員のニーズや将来的な変化に対応できる設計を心がけることが重要です。

    4.コスパに優れたオシャレなオフィス内装を実現する方法

     オフィスの内装工事は、施工面積や設計内容によって金額が大きく変わります。

    中には「まずは手軽に雰囲気を変えたい」と考えている方もいらっしゃるでしょう。そんな方にオススメなのが、施工型パーティションを使ったオフィス設計です。

    施工型パーティションの使い方はさまざまで、短工期で執務室、会議室や応接室、エントランスやセミナールーム、休憩室や更衣室といった多様な空間が実現可能です。利用目的やご要望に合わせてレイアウトできるので、企業の移転や改装、企業規模の拡縮を予定している企業にも高い人気があります。

    施工型パーティションのメリット

    1. コストの削減
      • 施工型パーティションは、従来工法の造作壁を作るよりもコストを抑えられます。また、取り外しや再配置が比較的簡単で、変更や修正が発生した際にも追加費用を抑えられます。
    2. 柔軟なデザインとレイアウト
      • さまざまな素材やデザインから選べるため、企業のブランドイメージや雰囲気に合わせたオフィス空間を作り出せます。レイアウトの自由度も高く、用途に応じて柔軟に対応できます。
    3. プライバシーの確保
      • 会議室や応接室として使用する場合、プライバシーが確保されるため、重要な会話やミーティングにも安心して利用できます。また、防音性能の高いパーティションを選べば、周囲の騒音を軽減し、集中できる環境を提供します。
    4. 迅速な施工と最小限の影響
      • 壁を作る場合に比べて施工が迅速で、オフィスの日常業務に最小限の影響で済みます。これにより、業務を中断することなく、スムーズにオフィスの改装が進められます。

    施工型パーティションの活用例

    • 執務室: 仕切りを設けることで、部門ごとに区切られたスペースを作り、集中力を高めます。
    • 会議室や応接室: プライバシーを確保し、重要な会話や商談を安心して行える環境を提供します。
    • エントランスやセミナールーム: 訪問者に対して、企業のイメージやブランドを強調する空間を作り出します。
    • 休憩室や更衣室: リラックスできるスペースを確保し、従業員の福利厚生を向上させます。

    施工型パーティションを活用することで、コストを抑えつつ、おしゃれで機能的なオフィス空間を実現できます。企業のニーズや成長に合わせて柔軟に対応できるため、オフィスデザインの選択肢として非常に有用です。

    5.まとめ

     おしゃれなオフィス内装にすることは、社員の士気が高まるだけでなく、様々なメリットがあります。

    間仕切.jpでは、オフィス新設や移転、リニューアル、縮小に伴うオフィス内装デザインから内装工事までワンストップでご提供いたします。専門スタッフが丁寧にご説明させていただきながら、お客様のイメージを形にさせていただきますので、ぜひご相談ください。

    間仕切.jp

    フリーダイアル 0120-020-720

    東京都千代田区岩本町3-8-16 NMF神田岩本町ビル6F アイピック株式会社

    JR「秋葉原」駅昭和通り口 徒歩6分/都営地下鉄新宿線「岩本町」駅A4出口 徒歩2分/東京メトロ日比谷線「秋葉原」駅4番出口 徒歩4分